Uターン標識の意味を徹底解説!

Uターン標識の意味を徹底解説!

オーストラリアの道を運転していると、上記の画像のような標識を見たことはありませんか?今回の記事では、Uターンに関する基本的なルールについて説明します。


【Uターンに関する基本的なルール】

◉Uターンの基本:Uターンは、道路を横断して逆方向に車を向ける動作です。オーストラリアでは、特定の条件下でのみUターンが許可されています。

◉Uターンのサイン:「Uターン禁止」の標識がある場所では、Uターンをしてはいけません。また、信号がある交差点では、Uターンは基本的に禁止されていますが、Uターンが許可されている場合は「Uターン許可」の標識が表示されます。

◉安全なUターン:Uターンを行う際は、他の車や歩行者に十分注意を払い、安全であることを確認してから実行してください。

◉交差点でのUターン: 一部の交差点ではUターンが許可されています。ただし、他の車や歩行者に対して優先権がないため、安全を確認してからUターンを行ってください。

◉無信号の交差点:無信号の交差点でUターンを行う場合、直進する車に対して優先権がありません。したがって、Uターンを行う前に直進する車を待つ必要があります。

【オーストラリアのUターンに関する標識には、通常次のような表記がされています】

  • No U-Turn: Uターン禁止
  • U-Turn Permitted: Uターン許可

オーストラリアの州ごとに異なるルール】

ニューサウスウェールズ州 (NSW)

▷Uターンを行う際は、他の車や歩行者に対して優先権がありません。

▷「Uターン禁止」の標識がない限り、信号のない交差点でUターンを行うことができます。

ビクトリア州 (VIC)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、安全を確認できればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でUターンを行うことは基本的に禁止されていますが、Uターンが許可されている場合は「Uターン許可」の標識があります。

クイーンズランド州 (QLD)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、かつ安全であればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でのUターンは、特定の条件下で許可されています。

南オーストラリア州 (SA)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、かつ安全であればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でのUターンは、特定の条件下で許可されています。

ウェスタンオーストラリア州 (WA)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、かつ安全であればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でのUターンは、特定の条件下で許可されています。

タスマニア州 (TAS)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、かつ安全であればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でのUターンは、特定の条件下で許可されています。

ノーザンテリトリー (NT)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、かつ安全であればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でのUターンは、特定の条件下で許可されています。

オーストラリア首都特別地域 (ACT)

▷「Uターン禁止」の標識がない場所で、かつ安全であればUターンを行うことができます。

▷信号のある交差点でのUターンは、特定の条件下で許可されています。

 

各州によってルールが変更される可能性もあります。最新の情報は、オーストラリア各州の交通局ウェブサイトを確認してください。

▷おすすめ記事

上部へスクロール