踏切のあるポイントでの運転ルールと注意点

踏切のあるポイントでの運転ルールと注意点

オーストラリアで車を運転する際、踏切を安全に渡るための一般的なルールと注意点があります。運転前にチェックしておきましょう。

【基本的な踏切のルール】

◉警告機器の確認:踏切に近づく際には、点滅するライトやベル、または下りているゲートがないか確認してください。

◉安全な通過:鉄道の踏切は、危険です。列車は速くて重く、すぐに止まることができません。踏切を渡る際には、左右を確認し、安全を確認してから通過してください。

◉緊急時の対応:もし踏切内で車が停止してしまった場合、直ちに車を移動させるか、緊急サービスに連絡してください。

日本との違いについて】

オーストラリアの踏切においては、日本とは異なり、警告機器が作動していない限り、踏切の前での一時停止は必須ではありません。

日本では踏切を渡る前の一時停止が一般的に要求される場合があります。

したがって、日本からオーストラリアを訪れ、車を運転する際には、この違いを理解しておくことが重要です。

オーストラリア踏切 一時停止

【安全のポイント】

◉踏切を渡る際には、十分な注意を払い、他の車両や歩行者を確認してください。

◉踏切内で停止しないようにし、前方の道路が開いていることを確認してから進入しましょう。

◉もし、車が故障して踏切を渡れなくなった場合、速やかに車を退避させるか、緊急サービスに連絡してください。


安全ポイントを確認し、踏切における運転には十分に気をつけましょう。

▷おすすめの記事

上部へスクロール